2018年09月30日

架空請求に注意!!!

架空請求-2.jpg

8月に四日市市で、アマゾン社を名乗る「未納料金が発生している」「支払わなければ告訴する」等の携帯メールを受け取った男性が500万円以上のお金を騙し取られた事件が発生しました。また、先日、PCサロンのスタッフの携帯にも同様の携帯メール(ショートメール)が入ってきました。

そこで、
(1)『心当たりの無い請求は無視』しましょう!!
(2)受け取ったメールの中に「心当たりの無い場合は、○○○○○○○○に電話して下さい」と書いてあっても『決して電話をしない』で下さい。
(3)一人で考えずに『家族や知人に相談』してください。
(4)「メールが届いたのだから、自分の個人情報は知られている」と思いがちですが、『メールの送り主(犯罪者)は、あなたの個人情報を知りません。』

詳しく説明すると、携帯メール(ショートメール)は電話番号が宛先になります。犯罪者は「しらみつぶしに、電話番号を使って携帯メールを送ります。例えば、090-1111-1111、090-1111-1112、090-1111-1113、・・・。
つまり、犯罪者は宛先の電話番号の持ち主の名前を知らずに携帯メールを送っているのです。ですから、心当たりがなければ無視していても、何の問題も有りません。
メールに有った電話番号に電話して自分の名前を名乗る事は、相手に自分の個人情報を教える事になりますので、逆効果です。
心当たりの無いメールが届いたら無視して下さい。もし心配だったら、是非、家族や知り合いに相談して下さい。桜台PCサロンのスタッフに相談して頂いても結構です。

posted by PCサロン at 12:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: