2018年09月17日

Office(オフィス)356

Office365.jpg

お使いのパソコンで、ワードやエクセルがセットになっている「Office2016」の表示が「Office365」になっていませんか?
Office2016は「買い切り型」のソフトで、Office365は「最新のバージョンを、月額或いは年額の使用料金を払って使う型」のソフトです。なので、使っているOfficeが、「2016」から「365」に替わったので『使用料を払う必要があるのか?』と思われた方も居られるのではないかと思います。
結論から言いますと【心配いりません!これからも、無料で使い続けられます!!】

では、なぜこの様な事になったのかを極簡単に説明します。

殆どの方が使っているOfficeは「パソコンの購入時に入って(プレインストールされた)いた」ソフトだと思います。このプレインストールされていたソフトは「Office Premium(プレミアム)」と呼ばれるソフトで、購入したそのパソコンでしか使えません(他のパソコンにインストールできません)が、常に最新のバージョンに自動的に更新されます。つまり「最新のバージョンが使える」と言う意味では「Office365」と同じソフトなのです。そこで、Officeの販売会社であるMicrosoft(マイクロソフト)社は、「OfficePremium」にも「Office365」と表示する事になったのだと思います。

少々分かり難い説明になりましたが、もっと詳しい事を知りたい方は桜台PCサロンのスタッフにお聞きください。

posted by PCサロン at 11:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: