2018年09月02日

『シャットダウン』と『再起動』

シャットダウン.jpg

パソコンの電源を切る場合、『シャットダウン』と『再起動』の2種類が選択できます。『シャットダウン』は「パソコンの電源を切る」事で、『再起動』は「パソコンの電源を切って(シャットダウンして)直ぐに再度起動する」事です。しかし、Windows10の『シャットダウン』と『再起動』では、それ以上の違いがあります。
先ず『シャットダウン』ですが、Windows10では、起動時間を短縮する為、シャットダウン時のパソコンの情報を記録し、次に起動した時にこの情報を使って起動時間を短くします。その為、何か不具合が有る状態でシャットダウンして、再度電源を入れ直しても不具合の状態が再現される可能性があります。(Windows7では、不具合のある時にシャットダウンして、電源を入れ直す事は、トラブル解決の一つの手段でしたが、Windows10では効果がない場合があります。)
一方、『再起動』はシャットダウン時の情報を使わずに起動します。(ある意味では『リセット』に近いとも言えます。)その為、パソコンに不具合が有る場合、『再起動』を実施する事で不具合が解決する場合があります。なお、『再起動』でも不具合が改善されない場合には、「Shifキー」を押しながら『再起動』を選択して、その後「PCの電源を切る」を選択してください。(リセットされる情報が多くなります。)
と言う訳なので『シャットダウン』と『再起動』を上手に使い分けてください。
posted by PCサロン at 17:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: